『正義論』と自尊 自己肯定感が持てない若者と不正義


 bookwor.msさんのAdvent Calenderにお邪魔させてもらいながら、現在進行形で遅刻しております、申し訳ありません……



 本の紹介ということで、私は今年一番読んだ本である『正義論』を紹介したいと思います!

紹介といっても、大海のようなこの一冊を、短い紙幅で(そして、いくら長い紙幅を割いたとしても)航海しきるのは無理なので、その中のほんの少しをちょっぴりと説明することにします。


目次

 『正義論』とは?

 正義の二原理と偶然性

 正義の二原理と「協働」、安定した社会
 正義と自尊、自己肯定感 ←自己肯定感の話だけ見たいならここだけでおk




『正義論』とは?


 現代政治学最高の名著、それが『正義論』です。 

 経済学とそれに基づく功利主義が台頭し、政治学は対抗する理論を打ち立てられずに煮詰まり、”Does Political Theory still Exist?”(政治理論はまだ存在しているのか?)と言われていた20世紀後半、政治学を再興したのが『正義論』。現在の政治学のほとんどの学者がロールズの影響を受けている様は「ロールズ・ファクトリー」なんて言われ(揶揄?)もしています。




正義の二原理と偶然性


 正義論は長く複雑な文章ですが、根本を流れるテーマは功利主義への批判と「正義の二原理」の理論立てです。正義の二原理とは、だいたい簡単に言うと


 第1原理:基本的人権は他者の基本的人権とぶつかるときを除き不可侵である
 第2原理:不平等は、その不平等である状態が、社会において最も恵まれない境遇にある者に便益をもたらす場合のみ許容される


 というものです。

 要は、不平等は基本だめだよ、でも、最低の境遇の人を助けるための不平等ならいいよ、ということです。

 具体例でいえば、医者が給料を多くもらうのは、医者にインセンティブを与えて、より病気の人を助けられるならいいよ、ということですね。逆に、いくら人の命を救う医者でも、めちゃくちゃお金をもらって庶民とあまりにも所得格差が開いたら、それは不正義だということです。


 ロールズがこの原理を導き出した背景には、全ての人間にはあらゆる偶然によって落ちぶれる危険があるという事実があります。

 我々はいま少なくとも「まし」な生活をしているでしょう。しかし、一方で、偶然、何かの事故が起きて大きな障害を負ったり、あるいは、偶然何かが起きて、会社を首になり、貯金もなくなって明日のパンにも困ったり、というようなことに絶対ならないとは言い切れないわけです。

 さらに、偶然性は我々の生まれにまで適用されます。「出生ガチャ」によって我々の人生が大きく変わってしまうのはお分かりでしょう。実家にお金がなく、大学にも行かせてもらえずすぐ就職させられる子供が多くいる一方で、親の金で中学校から塾に通わせてもらえ、何万円もする医学部入試を何個も受ける子供がいます。


 ロールズの緻密な理論立ての概略はこうです。

 我々が、自分が「ガチャ」を引く前に(つまり、自分がどのような状態になるのか?有利な位置で生まれるのか?不利な位置で生まれるのか?自分はどんなアイデンティティを持って生まれるのか?etc…)が分からない状態で、政治制度について合意をするならば、その制度というのは、全体の効用は高くても一部の人々が大きく虐げられる可能性のある制度(功利主義ですね)ではなく、また、誰か一部が非常に得をするが他方で一部が非常に損をする制度でもなく、「全体の効用を多少減らしてでも、自分がそれ以上リカバリーできない、最悪の状況にドボンと落ちてしまうのを回避できる政治制度」を選ぶはずだ、と。そして、そのように選んだ制度ならば、我々は自信をもって従うことができるはずだ、と。


 さらにロールズは面白いことに、そのような偶然性を克服することが人間の素晴らしさだ、というようなことも言っています。偶然性によって落ちぶれるようなことを許してしまうのは、人間の理性が許さない、と。


 ここには、珍しくロールズの感情が入っていて、結構ぐっときます。ロールズが「偶然性」について考え始めたのは、太平洋戦争、レイテの戦いでの従軍経験が元になっているといわれます。若きロールズは非常に仲の良い戦友といつも一緒に行動していたのですが、ある日「偶然」ロールズだけ出かける指令を受け、戦友と別行動することになりました。戦友と別れて基地を出るとすぐに、元いた基地が日本軍の砲撃を受け、破壊されてしまいました。

 「偶然性の克服」という正義論の1つの裏テーマには、ロールズの個人的な経験があるのです。しかし、その「個人的な経験」は、「誰もが経験しうる」という点で普遍的なのです。




正義の二原理と「協働」、安定した社会


 リベラルな思想をお持ちの方は今までの説明で納得したでしょうが、説明をだいぶ省いたのもあって、「もっとも不利な人を救済する」というロールズの理論に納得がいかない人もいるのではないでしょうか。

 たとえば、生まれが違うとはいえ、自分の努力で得たものの多くを貧しい人に分け与えるという名目で奪われることこそ不平等ではないか?というような反論があります。

 ここからが、ロールズの真骨頂です。


 まず、ロールズは政治の目的を、「人々が協働することによってより多くのものを得ることができるようにすること」と定義しています。何だ、当たり前じゃないか?と思うかもしれませんが、ここで重要なのは「人々の協働」です。人々が社会の制度を認め、協力しなければ、社会は働かないのです。さて、あなたが、恵まれた立場の人だったとしましょう。あなたは正義の二原理を取らず、格差を黙認するか、あるいは助長して、私腹を肥やしたほうがいいように思われます……しかし、本当にそうでしょうか?

 実は、正義の二原理を取ったほうがよい、というのがロールズの考えです。あなたは恵まれた立場にいて、利益を社会から何らかの形で得ています。しかし、その社会というのは、人々が協働することによって利益を生み出している社会です。あなたが格差を是正しなかった場合、社会は不安定になり、あなたの利益の源泉である社会が不安定になることで、長期的に、あなたは損をすることになります。格差が大きいのに、うまくやっている「ように見える」社会は、ロールズによれば、人々の厚意に強く依存した、偶然性によって安定性をたやすく失いうる社会です。


 現在、新型コロナウィルス感染症がみたび感染者数を増やしていますが、以前と違い、律儀に自粛している人はかなり少なくなりました。パンデミック下で、富裕層だけが資産を増やしたというニュースもあります。もはや自分の効用(この場合、金銭的利益だけでなく幸せなども含みます)を減らしてまで、社会のために奉仕し、富裕層のいう社会の安定化・健康化に従いたいという人は減り続けています。少なくともこの話題についての「厚意」は使い果たされる寸前なのではないでしょうか?

 また、格差と社会不安の関係は、もっと長期的な視点で見ることも出来ます。格差がどんどん広がる日本社会と、日本経済の凋落は無関係なのでしょうか? ある人は、「貧しくなったから人々の心に余裕がなくなった」などと言います。この言葉は格差と社会不安の関連を非常によく表していますが、一方で人々の心に余裕がなくなってきているにつれ、経済全体が落ちぶれているのには目を背けているように感じます。日本式の協働的労働においては特に、人々の心に余裕がなくなって、協働が失敗していく(悪い協働になる)のは致命的ではないでしょうか?

 自分が社会に対して義務を果たすことで、社会の安定性が守られ、社会は一層調和していくのですから、あなたが恵まれていた場合、協働と厚意を提供してくれている社会に対し、何らかの義務を果たすべきだというのもだいぶ了解できるのではないでしょうか?




正義と自尊、自己肯定感


 さらに、ロールズは我々の「自尊」と正義についての考察も加えています。これが一番面白い。

 人々は、社会への協働に参画することによって、自己を肯定し、自尊を高めます。この自尊があるからこそ、他者を尊重することができます。そして、他者に尊重されると、人々は一層自尊を高めます。

 ロールズはこれを「互恵的な自己支持・自活」と呼んでいます。正義の二原理のもとでは、まず、深刻な不平等が取り除かれ、恵まれている側は恵まれない側を助けながらも、一定の格差を享受することができ、恵まれない側は助けられながらも、大きな格差に不満を抱くことはなく、社会は調和していきます。

 一方、社会が不平等であるときは、その社会によって不利益を被っている側は当然不満を持ちます。不満を持ちながらも、社会に参画させられ、そこで彼らは他者への「公共的なコミットメントが提供する自尊への支持」を欠くことになります。要は、不平等で不正義な社会が信頼できなくなり、そんな社会にいる自分に自尊が持てなくなるのです。


 現代日本は、特に青年の多くが、自己肯定感を持っていないと言われています。彼らは、社会に満足しているわけでもなく、かといって社会に反抗するわけでもありません。まさに、不満を持ちながらも、社会に参画させられ、そこで彼らは他者への「公共的なコミットメントが提供する自尊への支持」を欠いているのではないでしょうか?


 また一方で、あまり褒められないやり方で自尊を獲得しようとしている人たちもいます。非常にチープな例で申し訳ないのですが、いわゆる「ネトウヨ」のような人々が、わかりやすいのではないでしょうか。日本に不正義は一切、または、ほとんどない!などというのは、この2020年の日本を見ても、ありえないことでしょう。彼らは不正義な現在の社会を心の底では信頼できないが、正義だと思い込むことによって、不満を取り繕い、自尊を得ようとしているのです。彼らが国家を正当化することによって自尊を得られる理由も、自尊と正義の関係にあるのです。彼らは決して恵まれた側にいないという研究結果も出ていることから考えると、彼らも不正義の犠牲者と言えるのではないでしょうか。また、ネットで陰謀論にふける存在も、自己を正義と同一化する傾向があります。現代ポピュリズムの特徴も、単純な善悪二元論図式の採用と言われています。


「個人的なことは政治的なこと」とは有名な言葉ですが、我々の個人的な自己肯定感の欠如の一因が社会の不正義にあると考えると、なかなか愉快に思えてきませんか?




コメント

このブログの人気の投稿

#柱島つけ麺部 なぜラーメンではなくつけ麺を食べるのか